企業情報

ご挨拶

塩瀬総本家 取締役会長 川島 英子

塩瀬総本家の初代林浄因は宋の人で貞和5年(1349)中国より来日し、奈良に住み、饅頭を製し宮中に献上しました。
これが日本の饅頭の元祖と云われております。

室町時代、後土御門天皇より「五七の桐」の御紋を拝領し、後水尾天皇より「塩瀬山城大掾」の名を許され、又足利義政公より「日本第一番本饅頭所」の直筆の看板を贈られました。
この栄誉ある「塩瀬」を屋号とし、660余年奈良、京都、江戸(東京)と居を変えましたが、その味と技は絶やすことなく伝承して参りました。

和菓子は四季折々の自然の趣向を表わす日本独特のお菓子です。

お菓子の原点に返り自然の恵みに感謝し産物(原料)を大切に使わせて頂き、その持ち味を引き出しお客様が召し上って
心なごむようなお菓子を作りたいと念願しております。

三十四代店主 敬白