企業情報

沿革

貞和5年(1349年) 初代林浄因が中国より来日、奈良に住し日本で初めて餡入りの饅頭を作り売り出しました。この他にお饅頭の神様として林浄因を祀った林神社があり、毎年4月19日饅頭祭りが行われている。
寛正元年(1460年) 四代惟天盛祐は京都に移り、これより奈良の南家と京都の北家とに別れる。
応仁元年(1467年) 応仁の乱起り京都は灰燼となる。戦火を逃れ三河国塩瀬村に住す。
文明九年(1477年) 漸く応仁の乱が終り、再び京都に戻る、これより屋号を「塩瀬」と名乗る。宮中や将軍家に出入りを許され大変繁昌し、塩瀬の住んだ所が饅頭屋町(現在の京都市中京区烏丸通三条下ルのあたり)という地名となる。
万治2年(1659年) 塩瀬清兵衛が江戸に上り日本橋一丁目に店を出す。江戸城の御用を承る。
文政7年(1824年) 京橋北一丁目、数寄屋河岸、霊岸島、に出店あり。(江戸買物独案内)より
明治元年(1868年) 元数寄屋町塩瀬総本店仁木準三が宮内省の御用を拝命する。
昭和25年(1950年) 渡辺亀次郎、合資会社塩瀬総本家を現在地京橋区築地明石町に設立する。
昭和55年(1980年) 川島英子、社長に就任。
昭和61年(1986年) 中国杭州市の西湖の畔で、聚景園の中心に林浄因の記念碑を建立する。
平成2年(1990年) 新木場工場を完成する。
平成7年(1995年) 中国側の許可がおりたため、中国杭州市の西湖国立公園孤山へ林浄因の記念碑を移
転。浄因亭を建立する。(孤山には林浄因の先祖の墓がある)
平成8年(1996年) 塩瀬総本家本社新社屋が完成する。
平成12年(2000年) 川島一世、社長に就任。